月別アーカイブ: 2011年10月

第390回地平線報告会

10月22日の土曜日、午後2時開始の特別バージョンとして、第390回地平線報告会が開かれました。今回のタイトルは、「フクシマ回覧板(ライブ)」。4月の報告会以後も動物たちの保護活動を続けている滝野沢優子さん、南相馬市で林 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

あの「乗り上げ船」がついにクレーンで海に浮かんだ

「乗り上げ船」は、東日本大震災、とりわけ津波がいかに巨大でalあったか、の象徴だと感じる、と地平線通信5月号のフロントで書いた。以来、賀曽利君とは「乗り上げ船」について何回も話した。 「乗り上げ船」 江本さん、うれしいニ … 続きを読む

カテゴリー: 地平線会議 | コメントをどうぞ

貞山堀-賀曽利隆さんの感慨

「東北のカソリ」を自称する賀曽利隆さんからの投稿です。   貞山堀 江本さん、今回の「いわき行」では、最後に閖上(ゆりあげ)まで足を延ばせて、ほんとうによかったですね。閖上は「鵜ノ子岬→尻屋崎」の東北・太平洋岸 … 続きを読む

カテゴリー: 地平線会議 | コメントをどうぞ

閖上(ゆりあげ)へ。一気に風化してゆく風景

14日深夜から15、16日の週末、地平線会議の仲間たちと福島、宮城へ行った。津波被害に遭いながら、立ち上がったある旅館を応援に、という趣旨だが、同時に時間の経過とともにどう被災地が変貌してゆくか確かめる意味もあったのだ。 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 地平線会議 | コメントをどうぞ

新北上大橋の開通を喜ぶ−賀曽利隆さんから

東北の被災地では多くの橋が流出、あるいは破壊されて交通を難しくしている。そのひとつ、新北上大橋が修復され、仮橋だが本日開通した。 新北上大橋といえば、児童、先生の多くが犠牲になったあの大川小学校のすぐ近く。3 .11当日 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

世田谷の高放射線量から、ラジウムについてひとこと

計測不能な線量が感知された世田谷の住宅街の騒ぎにはほんとうに驚いた。万一、あれが原発の「結果」だったら、どれほどの問題になるか、と。わけのわからない瓶の中の物質が原因らしい、それはラジウムらしい、とわかって心底ほっ、とし … 続きを読む

カテゴリー: 地平線会議 | コメントをどうぞ

支援のスタンス−平野泰巳さんの投稿

  福島への支援について、地平線会議への投稿です。念のためですが、福島に行って除染などボランティア活動をしよう、とは言ったことはありませんよ。深い関心を持つべきだが、何ができるのか簡単なことではありません。それ … 続きを読む

カテゴリー: エコセン・義援隊・RQ関係, 地平線会議 | コメントをどうぞ

「奇跡のポイント」-生き残った神社、鳥居への賀曽利隆の考察

10月になりました。早速、元気な賀曽利隆さんからです。波立海岸の岩場に残った赤い鳥居は私も見て驚きました。美空ひばりの歌碑のある塩屋崎周辺も、確かに無傷でした。日頃、ひばりを神様と思う三輪主彦さんが「美空神社建てるべし! … 続きを読む

カテゴリー: 地平線会議 | コメントをどうぞ