新垣さんのメール

昨夜は「RQ市民災害救援センター」の定例会議だった。いろいろ書きたいことあるが、今からまた会議があるので、後で。多くのボランティア志願者が集まって熱気があった。

RQ東京本部では「RQ通信」という一種のニュースを毎深夜、登米の現地本部など現地で仕事する仲間たちに出している。昨夜の通信に対して新垣亜美さんが返信した内容、ここでもお伝えします。登米の総務として頑張る亜美さんはRQでは高い評価を受けている。

(4月15日0時55分着信)
おつかれさまです、新垣です。
今日もRQ通信ありがとうございました。
特に天気情報、見やすくて助かります。

ニュースは、RQ通信にプラスして、
毎朝6時くらいに更新されるNHkの原発関連ニュースを
プリントアウトしてまとめ、ボランティアの皆さんが読めるように
つるしてあります。

> RQの次のステップが、見えてきました。
> ボランティアの大量動員で、
> 森や山を清掃していく・・・・

> 広瀬さんが言われた
> 「モノのいのち」確かに
> そんな消費のなかで
> 大切なモノが、瓦礫とよばれるものに
> なってしまった気がします。

具体的に、人の力が必要な時期になってきましたね。
ボランティア大量動員でも、被災者の方々1人1人に
しっかり向き合っていきたいと思っています。
それがRQの方針、ですよね。

今日、唐桑VCの大沢地区でガレキ撤去をしていたところ、
今後は自衛隊がこの地域を担当するとの話が出たようです。

自衛隊の力は絶対的に大きくて一気に片付けは進むけれど、自衛隊が去った後に散らばった細かなゴミを拾ったり、思い出のつまったお茶碗をきれいに拭いたり、
といったことまで、私たちならお手伝いできます。

被災者の立場に立ってそういうところまで支援していけるのが、RQのいいところであり、やるべき役割なのだと思っています。

RQのHPにもアップされていましたが、
河北VCの高木さんが書かれた「ボランティアの心がまえ」、
とても大事だと思っています。

カテゴリー: エコセン・義援隊・RQ関係   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>