今月の地平線報告会


※今月はいつもとハガキ申し込みにより、参加者限定で行います。

会場側の意向などで突然中止・延期という事態もありえます。このウェブサイトでの案内をときどきチェックしてください。

1979年9月の第1回から数えて、今回が通算498回目の地平線報告会となります。


10月の地平線報告会は、29日木曜日、開始時刻は午後6時30分からです。ハガキ申し込みによる整理券をお持ちでない方は会場に入ることができません。今月の報告者は、地平線会議の代表世話人の、江本嘉伸さんです。報告会の様子は後日ネットで配信します。二次会の開催は未定です。


■今月の地平線報告会の案内(絵と文:長野亮之介)

地平線通信裏表紙

地平線の根っこ

  • 10月29日(木) 18:30〜21:00 500円
  • 於:新宿スポーツセンター 2F大会議室
  •  ※ハガキによる事前予約制です

「外大山岳部でアイゼン技術を叩きこまれてたおかげで、7700mまで登れたんだ。そこではじめて、三浦雄一郎がこんなところでスキー滑降に挑戦したことのスゴさに感動した」というのは、元・読売新聞記者の江本嘉伸さん(80)。'75年のエベレスト日本女子登山隊同行取材時のエピソードです。

その5年前、日本人が初めてエベレスト登頂を成し遂げた'70年は、日本山岳会隊と三浦氏率いるエベレスト・スキー隊が同時期にアタックするという意味でも画期的な年でした。「朝、毎、読の大手三紙の記者が現地に揃ったほど、当時は社会的な大事件だったし、行動者も命がけだったなあ」

'79年、仲間と共に《地平線会議》を立ち上げた江本さんの念頭には、エベレストに見た、探検、冒険をする「行動者」の“生き方の美しさ”を記録に残したい!という強い思いがありました。今年で創設43年目。年末には500回を数えるはずだった報告会の根底には'70年のエベレストがあったのです。

COVID-19のため今年4月以来休止していた報告会を今月久し振りに再会し、江本さんに'70エベレストを振り返って頂きます。半世紀を経てあらたに分かった秘話、そして地平線会議の歩みも語って頂きます。

※会場の制限のため、人数限定の事前予約制となります。整理券をお持ちでない方は会場に入ることができません。ご了承ください。


地平線報告会は、どなたでも参加していただけるオープンな場です。ただし、今月は会場の都合で人数限定の申込制です。整理券のない方は会場に入ることができません。後日、ネットで配信します。テレビをはじめとする二次的な情報では決して味わえな い、世界を旅してきた報告者の「生の声」を直接聞くために、1979年9月から毎月開催されています。どうぞ気軽に参加してみてください。



新宿スポーツセンター

〒169-0072
新宿区大久保3-5-1
03-3232-0171

高田馬場駅のビッグボックスの脇の道を直進し、突き当たりを左折、スーパーマルエツで右に入ると戸山公園があります。そのなかの大きな建物の2階の会議室です。駅から10分ちょっと(約850m)。


二次会の開催は未定です

to Home to Hokokukai
Jump to Home
Top of this Section